前へ
次へ

契約更新について確認をしておこう

賃貸借契約書で見落としがちなのが更新の手続きについてです。
ほとんどの一般的な賃貸アパート、マンションは、契約期間が2年です。
入居し続けたいなら、2年の満期を迎える前に賃貸借契約の更新手続きをする必要があります。
更新手続きをすることによって契約が更新されたことになり、同じ賃貸にさらに2年間入居することができるわけです。
更新の手続きは意外とやっかいで、不動産屋さんによっては入居したときと同じように連帯保証人や収入証明書などを求めてくる場合もあります。
契約をするときには、賃貸の契約期間や更新の手続きなどを確認し、分からないことは質問しておくことが大切です。
また、賃貸の更新手続きでは家賃1か月ぶんプラス消費税の契約更新料を納める場合が多いです。
さらに火災保険料、一人暮らしのワンルーム賃貸なら二年分で約15000円も必要です。
これらはまとめて一括で支払うことになるので、契約の満了時期が来そうな二、三か月前から用意しておくと安心です。

Page Top