前へ
次へ

契約更新について確認をしておこう

賃貸借契約書で見落としがちなのが更新の手続きについてです。
ほとんどの一般的な賃貸アパート、マ

more

進学のための不動産物件探しのコツ

大学進学を気に一人暮らしを始めるという人も少なくないでしょう。
入学の時期が決まっていることも

more

一般人はどうすれば適正な不動産価格を把握できるか

適正な不動産価格はどのように把握できるのでしょうか。
まず思いつくのは周辺相場でしょう。

more

賃貸物件の契約で求められるもの

賃貸マンションの入居審査に通ったら、契約で必要なものを聞いてなるべく早いうちに用意しておくことが大切です。
そうしないといざとなったときに慌ててしまい、せっかくの契約が台無しになってしまうこともありえるからです。
お金で必要なものは前払い家賃や管理費、礼金や火災保険料などのまとまった初期費用です。
だいたい最低でも家賃の4カ月ぶんは用意しておくと安心です。
支払いは現金が一般的ですが、最近はカードで支払いができたり、分割払いができたりする不動産屋さんもあります。
書類関係では、住民票や収入を証明するもの、連帯保証人の身分証明書や同じく連帯保証人の収入を証明するものなどが必要になる場合が多いです。
こうした書類は必要でない場合もあり、それは不動産屋さんによって違います。
ただ役所に行って発行してもらう必要がある書類もあるので、念のために空いた時間を利用して手続きをしておくと、いざ請求されたときに慌てないで済みます。
また、連帯保証人はたいていの賃貸契約において必要です。
連帯保証人不要の賃貸マンションでも、保証会社と契約するときに保証人が求められます。

デザイン 茨城

熱交換器
購入はぜひ勝川熱工にご依頼ください

Page Top